まだ一回目が始まってもないのに〜

  知り合いの資産家に、海外の不動産投資と外貨預金(国外口座)をやっている人がいて、何でやっているのか(利益率は低いのに相当めんどくさいのですよ)よくわからないと思っていたのですが。

 その人と飲みに行った時にポロっと「もしも日本が国家破綻して預金封鎖されたら、一発逆転を狙える」と言ってくれたので合点がいきました。

 現在のロシアの資産家はルーブル危機の時に資産を海外に移転しておいて、国内が預金封鎖になった時に国外口座からお金を引き出して不動産を買いまくって現在の地位を得たのだとか。

 日本の国家破綻が起きたならそれと同じことをしてやろうという発想のようです。

 

 みなさん日本が破産するかもしれないという話は一度は聞いたことがあると思いますが、でもそれについて深く考えずに「まあ大丈夫だろう」ということにしています。考えることをストップしています。

 そこで次の勉強会のテーマは

 

「国家破綻、預金封鎖の可能性について自分の頭で考えてみよう」

 

 ここでは真剣に国家破綻の起こる可能性、国家破綻が起きた場合どのようなことが起きるかのについて向き合って勉強し、自分の頭で考えれるようにします。

 どうゆうことが起こるのか把握しておけば、万一の時も慌てずに過ごすことができるよ〜

 一度「国家破綻」について真剣に向き合って、考えてみましょう。

 

まだ日程、場所等決まっていませんが、決まり次第アップいたします

詳しくは くもとり勉強会 のページで

What's New

 <ニュース>

What's New!